ワシントン・タイムズ・ジャパン

「日台は運命共同体」 李登輝元総統が石垣市で講演

「日台は運命共同体」 IoT技術協力で関係発展

IoT技術協力で関係発展

 台湾の李登輝元総統(93)は7月31日、沖縄県石垣市を訪れ、「地方から発信する日台交流の深化―石垣島の歴史発展から提言する日台交流モデル」と題して講演した。全国青年市長会の関係者や一般の入場者ら約500人が参加した。日台関係を発展させるには、人工知能やあらゆるモノをインターネットで結ぶ「IoT」と呼ばれる技術で協力することが必要だと強調した。(那覇支局・豊田 剛)

 李登輝氏の訪日は2000年の総統退任後、8回目で1年ぶり。今回は、全国青年市長会(会長・吉田信解埼玉県本庄市長)が要請し、訪日が実現した。主催者によると、当初は東京近辺が予定地に挙げられていたが、体調面を考慮して台湾から近く、関係が深い石垣市が選ばれた。沖縄県内は2008年に宜野湾市で講演して以来、2度目。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。