«
»

同性婚は「少子化を倍速化」

800

八木秀次氏が警鐘鳴らす

 東京都渋谷区が今年4月、同性カップルを「結婚に相当する関係」と認める「パートナーシップ条例」を施行して以来、同性婚を合法化させる動きが広がる中、同性婚の問題点を考える講演会(主催=宗教新聞社)が23日、東京・市ヶ谷で行われた。

 「世界的な同性婚問題に日本はどう対処すべきか」をテーマに講演を行ったのは八木秀次・麗澤大学教授。宗教関係者ら約100人が参加した。

 八木氏は、今年6月に連邦最高裁が同性婚の合法化判決を下した米国での動きを「一夫一婦制は数多い結婚形態の一つにすぎずないという結婚の再定義だ」とした。また、2009年に同性婚を認めたアイオワ州で男女の結婚が9%減少したことを紹介した上で、渋谷区の条例に追随する自治体が増えれば、日本でも同性婚が合法化される可能性があり、そうなれば「少子化を倍速化させるだろう」と警鐘を鳴らした。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。