«
»

共産化防ぐため沖縄米軍駐留

800

世日クラブ

 世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良・近藤プランニングス代表取締役)は15日、都内で、世界日報創刊40周年を記念し、稲嶺恵一・沖縄県知事時代に2期副知事を務めた牧野浩隆氏を講師として招き「日本の安全保障と沖縄~スターリン・ソ連の欺瞞性と国内左派の妄想」と題した講演会を行った。

 牧野氏は「終戦後、ソ連は米英が提案した国際的平和体制を築くことに合意し、ソ連はその“証”としてコミンテルンの解散まで表明しながら、後にこれを反故(ほご)にしたため、米国は対日講和政策を転換させて沖縄を日本から分離して軍駐留をせざるを得なかった」とし、沖縄米軍駐留の出発点はソ連の共産主義拡大を防ぐことにあったと強調した。

 また牧野氏は「現在、名護市辺野古への米軍基地移転に反対している先達は、外部から共産化を目指すスターリンに呼応した日本共産党」と指摘し、「応分の負担を覚悟すべきだ」と述べた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。