«
»

「低線量の被曝は大丈夫」

800

世日クラブ

 世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良・近藤プランニングス代表取締役)は16日、都内で、世界日報創刊40周年を記念し、大阪大学名誉教授で彩都友紘会病院長の中村仁信氏を講師として招き「低線量放射線は怖くない~フクシマのこれから」と題した講演会を行った。

 国際放射線防護委員会(ICRP)元委員の中村氏は、ICRPの年間1ミリシーベルトという線量限度について「非常に少ない線量」と指摘。「私が学生の頃は、少しの放射線でも、積み重なると危険とされてきたが、今では遺伝子が傷ついても修復されることが分かってきた。しかし、ICRPがいまだに基準を修正していないことが、いろいろな騒動のもとになっている」と述べた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。