«
»

同性カップル条例「他自治体に波及」 八木秀次氏が警鐘

700

世日クラブ

 世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良・近藤プランニングス代表取締役)は16日都内で、世界日報創刊40周年を記念し、麗澤大学の八木秀次教授を講師として招き、「渋谷区同性カップル条例の衝撃」と題した講演会を行った。

 同区議会は先月末、同性カップルを「結婚に相当する関係」と認め、証明書を発行することを盛り込んだ条例を成立させた。この条例について、八木氏は、同性カップルがアパートへの入居や病院での面会に不利益を被る問題は個別に解決できるのに、それと法律上の婚姻関係の問題と混同し「一般原則の重大な変更」を行ったと指摘。また、その結果、「男女の結婚が形骸化する」と訴えた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。