«
»

惜しげもなく人のために行動を 元松下政経塾副塾長の上甲晃氏

800

 世界日報の愛読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良・近藤プランニングス代表取締役)の今年最後となる第158回定期講演会が16日都内で開催され、元松下政経塾常務理事・副塾長の上甲晃氏が「未来をひらく人づくり~松下幸之助の志」をテーマに講演した。

 上甲氏はこの中で、85歳で松下政経塾を立ち上げた松下幸之助の志について、「85歳の時に何を考えるか、普通は自分のことを考える。しかし松下は、21世紀の日本のことを考えた」と紹介。その上で、「自分の死んだ後の我が子、我が孫のことではなく、日本のことを本気で心配したというのは凄(すご)いことだ」と称(たた)え、「自分が努力した結果を自分で見届けられないことに、本気になれることが志というのではないか」と語った。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。