ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

日台連携強化で尖閣守れ

日本安全保障研究会会長 矢野義昭氏

台湾・尖閣有事 日本はいかに中国の侵略に対処するか?

日本安全保障研究会会長 矢野義昭氏

 世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良・近藤プランニングス代表取締役会長)の定期講演会が21日、動画サイト「ユーチューブ」のライブ配信を通じて行われ、日本安全保障研究会会長の矢野義昭氏(元陸将補)が「台湾・尖閣有事~日本はいかに中国の侵略に対処するか?」と題して講演した。

 矢野氏は、尖閣を守るためには日台の連携強化が必須であるとし、「情報交換やサイバーセキュリティー協力、米国並みの台湾関係法、武器供与まで踏み込むべきだ」と主張した。以下は講演要旨。

 現在の世界情勢は、米中覇権争いの「超限戦」時代だ。超限戦とは、目的のために手段を選ばず、創意を尽くしてあらゆる限界を乗り越えるという意味。コロナ禍や、金融、技術、浸透工作(影響工作)、諜報、サイバー、選挙操作(世論工作)などを行っている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。