ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

台湾を築いた明治の日本人

動画サイト「ユーチューブ」の配信で講演する渡辺利夫氏=17日、千葉県市川市のメディアセンター

浮かび上がる不羈独立の精神

拓殖大学前総長 渡辺 利夫氏

 世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良(ゆずる)・近藤プランニングス代表取締役会長)の定期講演会が17日、動画サイト「ユーチューブ」のライブ配信を通じて行われ、拓殖大学前総長の渡辺利夫氏が「台湾を築いた明治の日本人」と題して講演した。

 渡辺氏は台湾の近代化のために尽力した人々の業績を紹介し、「日本人は台湾の開発や近代化、または文明化のために必死に取り組んだ。そういう日本人の中に明治という時代の精神が、最も鮮やかに浮かび上がる」と強調した。以下は講演要旨。

 日本による統治以前の台湾は清国の領土だったが、日清戦争で負けた清国から日本に割譲された。

 当時の日本は欧米の国々から見ればまだ小国で、文明化されていない国と見なされていた。そんな小国の日本には、海外領土の経営・開発のできるはずがないと思われていたのだろう。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。