«
»

今ウイグルで何が起きているのか ~中国による弾圧の実態~

トゥール・ムハメット氏

民族抹殺が国家戦略に

日本ウイグル連盟会長 トゥール・ムハメット氏

 日本ウイグル連盟会長のトゥール・ムハメット氏は12日、世界日報の読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良(ゆずる)・近藤プランニングス代表取締役)で「今ウイグルで何が起きているのか~中国による弾圧の実態~」と題して講演し、「ウイグル全土にある強制収容所は800カ所で、少ない所で1万人、多い所では10万人が収容されている。既に100万人が殺害されていると推測され、証拠隠滅のため遺体は電気焼却炉で焼却処分されている」と報告した。以下は講演要旨。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。