«
»

具体的戦略欠けた新防衛大綱

酒巻尚生氏

緊迫化する東アジア~新防衛大綱の意義と課題

公益社団法人隊友会北海道隊友会連合会会長 酒巻 尚生氏

 昨年12月18日、閣議で新たな防衛力整備の指針を示した「防衛計画の大綱」と平成31年度から5年間の「中期防衛力整備計画」(中期防)が了承された。東アジアは今、朝鮮半島情勢に加え、中国の軍事力を背景にした海洋進出が推し進められ、緊迫化の度合いを深めている。そうした情勢の中で新防衛大綱がスタートすることになる。北海道世日クラブではこのほど、公益社団法人隊友会北海道隊友会連合会の酒巻尚生会長を招き、「緊迫化する東アジア~新防衛大綱の意義と課題」をテーマに講演会を開催した。以下はその講演要旨。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。