«
»

「おごりが最大のアキレス腱」 …政治評論家・長野すけなり氏

世日クラブ

「米韓関係強化努力の継続を」 …世界日報社社長兼主筆・木下義昭

世日クラブ新春対談「安倍政権2年目のハードル」

 世界日報の愛読者でつくる世日クラブ(会長=近藤讓良・近藤プランニングス代表取締役)は19日夕、都内で今年最初となる第153回定期講演会を開き、政治評論家の長野●(「示」の右に「右」)也氏と木下義昭世界日報社長兼主筆が「安倍政権2年目のハードル~厳しさ増す国際情勢」と題して新春対談を行った。

 長野氏はこの中で、「安倍首相の自信が過剰になり、おごりになった時が最大のアキレス腱」だと指摘し、中曽根康弘元首相の例を挙げながら、長期政権となるためには「人の話を聞く謙虚さ」が重要だと強調した。

 長野氏はまた、内向きになった「オバマ大統領のアメリカとの関係が必ずしも良くないことが最大の問題」と述べ、「靖国参拝への『失望した』発言を軽く見ず、日米関係の不安定化につながらせないバランス感覚が大切だ」と強調した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。