ワシントン・タイムズ・ジャパン

翁長県政との相違決定的に 自民県連、辺野古移設推進を明文化

自民党沖縄県連、辺野古移設の推進を明文化

照屋県連会長「信頼関係失う国と県」

 自民党沖縄県連は4月8日、党大会を開催し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)のキャンプ・シュワブ(名護市辺野古)への移設について、「推進」を明文化した。これは「あらゆる選択肢を排除しない」というこれまでのあいまいな姿勢から大きく舵(かじ)を切ったものだ。一方、翁長雄志知事は「あらゆる手段を使って移設に反対する」見解を表明。3月25日には知事就任後、初めてシュワブのゲート前の反基地集会に参加し、マイクを握った。自民党県連と県との見解の相違は決定的となった。(那覇支局・豊田 剛)

 自民党沖縄県連は、これまで「辺野古移設を含めあらゆる選択肢を排除しない」として、辺野古移設を事実上容認しつつも県外移設の可能性も残していた。ところが、4月の県連大会で、辺野古移設が唯一の選択肢であることを明確にしたのだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。