«
»

沖縄地元2紙の「政治支配」、基地推進候補に個人攻撃

700

 過去2年間、沖縄県で実施された市長選を除く主要選挙は、革新系候補が勝利を収めた。2014年11月の県知事選では翁長雄志氏が初当選。その翌月の衆院選は、沖縄の四つの全小選挙区で革新系候補が勝利した。

 今年に入ってからは、6月5日に投開票された県議選で知事派の革新系議員が過半数を維持。翌月10日の参院選では沖縄担当相だった島尻安伊子氏が元宜野湾市長の伊波洋一氏に敗れた。

 こうした選挙結果を後ろ盾に、翁長氏は「オール沖縄」を強調。普天間飛行場の代替施設を名護市辺野古沖に造らせないという「辺野古新基地反対」の民意は「県民総意」だと主張している。普天間飛行場移設問題では国との裁判にまで発展。国対沖縄県という図式が出来上がっているかのように見える。

 ところが、離島は事情が全く違う。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。