«
»

与那国島・陸自駐屯地 “不穏な動き”ににらみ利かす

田村重信

船舶や航空機の情報を5基のレーダーで収集

第1部 与那国島・陸自駐屯地(1)

自民党政調会審議役 田村重信緊急リポート

 中国漁船、公船が尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖に頻繁に出没して領海侵犯するなど南西諸島情勢が緊迫している。このような状況に対応するため、今年3月には、わが国最西端の与那国島(与那国町)に陸上自衛隊の沿岸監視隊駐屯地が新設された。沖縄の本土復帰後、初の自衛隊施設の配置だ。同施設をこのほど訪れた自民党の田村重信政調会審議役が、島の現状をリポートする。(編集局)

 与那国島は、沖縄本島南西約500㌔に位置する。台湾から111㌔、石垣島から117㌔と、両島のほぼ中間に当たる。わが国固有の領土・尖閣諸島からは約150㌔だ。島は周囲27㌔程度で、1時間もあれば車で1周できる。

 与那国空港から陸上自衛隊駐屯地までは車でわずか10分足らず。人口が2番目に多い久部良集落の外れの丘の上にある。もともとは与那国馬の牧場の一部だった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。