«
»

革新色強まる「オール沖縄」、伊波陣営内に不協和音も

伊波陣営内に不協和音も、参院選公示まで1週間

参院選公示まで1週間

 7月10日投開票の第24回参院選は22日の公示まで残り1週間となった。沖縄選挙区は、沖縄北方担当相で自民現職の島尻安伊子氏(51)と、革新勢力が推す元宜野湾市長の伊波洋一氏(64)、幸福実現党の金城竜郎氏(52)の3人が出馬を表明している。事実上、保革の一騎打ちとなる。(那覇支局・豊田 剛)

 県議選では県政与党が24議席から27議席に伸ばした。一方、自民は1議席増の15人が当選、前回より2万票以上伸ばしたが、中立の公明(4議席)とおおさか維新(2議席)を加えても過半数に達しなかった。

 参院選では県議選と同様、米軍普天間飛行場(宜野湾市)のキャンプ・シュワブ(名護市辺野古沖)への移設など米軍基地問題が最大の争点となる見通し。

 辺野古移設を容認する島尻氏の陣営は、県議選で辺野古移設反対を主張する革新候補の総得票数が過半数を大きく上回ったことを重く受け止めている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。