ワシントン・タイムズ・ジャパン

「オール沖縄」に明暗、中道保守3人が落選も

沖縄県議選、翁長知事支持派が過半数維持

沖縄県議選、翁長知事支持派が過半数維持

 任期満了に伴う沖縄県議選(定数48)は5日、投開票され、普天間飛行場(宜野湾市)のキャンプ・シュワブ(名護市辺野古)沖への移設阻止を掲げる翁長雄志知事を支持する県政与党が過半数を維持した。しかし、那覇市・南部離島区では、翁長氏が主唱する保革を超えた「オール沖縄」の一角を担う中道保守の候補は軒並み落選、知事支持派の間で明暗が分かれた。(那覇支局・豊田 剛)

 県議選は即日開票の結果、革新系与党が現有の24議席から27議席に伸ばし、過半数を獲得した。保守系野党は改選前から1議席増え15議席、中立は2議席減って6議席となった。

 当選者の党派別内訳は、県政与党が社民6人、共産6人、地域政党の沖縄社会大衆党(社大)3人、諸派3人、無所属9人の計27人、野党は自民が14人、無所属1人の計15人、中立は公明4人、おおさか維新2人の計6人。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。