ワシントン・タイムズ・ジャパン

沖縄県議選、知事派と保守系野党が対決

沖縄県議選 5月27日告示、6月5日投開票

県議選 5月27日告示、6月5日投開票

 沖縄県議選は5月27日に告示、6月5日に投開票される。2014年11月に知事選で当選した翁長雄志氏にとって初の県議選で「中間審判」の性格を持つ。普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)のキャンプ・シュワブ(名護市辺野古)沖移設をめぐって国との関係の悪化が懸念される中、知事を支える革新系与党が過半数を維持するのか、あるいは、保守系野党が過半数を8年ぶりに奪還するかどうかが焦点となる。県議選の結果は、日本とアジアの安全保障だけでなく夏の参院選を占うものとなる。(那覇支局・豊田 剛)

 沖縄県議会の定数は48。9日現在、13選挙区に70人が立候補を表明しており、前回選挙を7人上回っている。7月に行われる参院選の前哨戦と位置付けられると同時に、就任から1年半の翁長県政に対する審判の場でもある。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。