«
»

宜野湾市長に佐喜真氏再選、辺野古移設の明確な民意示す

辺野古移設の明確な民意示す

「オール沖縄」の欺瞞性露呈

 任期満了に伴う沖縄県宜野湾市の市長選が24日、投開票され、現職の佐喜真淳氏(51)(無=自民・公明推薦)が、翁長雄志知事や革新団体の支援を受けた新人の元県職員・志村恵一郎氏(63)(無)を破り、再選を果たした。市の真ん中にある普天間飛行場の移設問題では、名護市辺野古への移設を容認する民意が示される形となった。一方、翁長氏が辺野古移設反対は県民の総意とする主張はもろくも崩れ去った。(那覇支局・豊田 剛)

 佐喜真氏は24日、「本当に厳しい選挙だったが、自民・公明両党の後押しを受け、戦い抜いた結果」と支援者にお礼をした上で、「宜野湾市の発展と市民の福祉向上をし、元気で明るい宜野湾市を一緒につくっていこう」と呼び掛けた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。