ワシントン・タイムズ・ジャパン

辺野古移設 埋立承認取り消し決定的に

辺野古移設 埋立承認取り消し決定的に

政府は国交相に不服申し立てへ、行政訴訟になれば県が不利か

 翁長(おなが)雄志(たけし)知事が14日、辺野古公有水面埋め立ての承認取り消しの手続きに入ったことを表明した。沖縄防衛局は意見聴取に応じないと県に伝え、取り消しは決定的になった。また、知事は国連の先住民の人権に関する会議で演説。多くの県民から反発を買う結果を招いた。(那覇支局・豊田 剛)

 「県は去る7月16日、埋め立て承認の法律的な瑕疵を検証する第三者委員会の検証結果報告を受け、関係部局において内容などを精査した結果、瑕疵があるものと認められました」

 こう述べた翁長氏は14日付で井上一徳・沖縄防衛局長に意見聴取にかかる通知書を出したことを明らかにした。取り消しに関する意見聴取の期日として9月28日を指定した。反論の機会を与えるというのが名目上の理由だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。