«
»

沖縄県知事選、「保革対決」明らかに

200-1

仲井真知事、経済界の後押しで3選目指す

 11月16日投開票の県知事選まであと3カ月半余り。自民党県連と地元有力経済界などが擁立する3選を目指す現職の仲井真弘多(ひろかず)知事(74)に対して、自民党県連に反旗を翻した一部の自民党那覇市議団と県政革新野党が相乗りして擁立する那覇市長の翁長(おなが)雄志(たけし)氏(63)が挑戦する「保革対立」の構造が明らかになってきた。第三の勢力として、地域政党そうぞう前代表で前衆院議員の下地幹郎氏(52)が「保革」に割り込む形で出馬表明の動きを見せており、知事選の前哨戦は、複雑な様相を呈してきた。(那覇支局=竹林春夫、豊田 剛)

 自民党県連(会長・西銘恒三郎衆院議員)は26日、仲井真知事の3選擁立を正式に決定、知事に要請。知事は同日、これを受託、「県民のためにしっかりと知事選に向かっていこうと決意した」と、事実上出馬を表明した。仲井真知事は8月7日に記者会見する予定だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。