ワシントン・タイムズ・ジャパン

玉城デニー知事就任3年、公約達成率は1.7%

公約の項目と達成状況が記された配布物(豊田剛撮影)

達成した公約は291のうち5、求心力の低下が顕著に

 沖縄県の玉城デニー知事は10月4日、就任から満3年を迎えた。これまで、首里城火災や豚熱(CSF)、新型コロナウイルス対応など困難な課題に直面。達成した公約は291のうち五つと苦戦している。1年以内に知事選を控えるが求心力の低下が顕著で、再選に向けての明言は避けている。(沖縄支局・豊田 剛)

 玉城知事は、公約として掲げてきた291の政策のうち「達成」が5、「推進中」が280、取り組みに向けた検討段階となる「着手」が6、具体的な取り組みに至っていない「検討中」はゼロと説明した。

 「誰一人取り残さない社会の構築を目標に公約以外にも取り組んできた」と述べたが、達成率にするとわずか1・7%だ。達成した5政策のうち、那覇空港第2滑走路の整備は仲井眞県政の時代に予算を確保し、整備が進められてきたもの。やんばる・西表島の世界自然遺産登録は前県政から取り組んできた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。