«
»

沖縄県の新型コロナ感染率は全国でワースト

沖縄県の新型コロナ感染率は全国でワースト

低年齢層の感染拡大が深刻、新規感染の8割がデルタ株

 沖縄県で新型コロナウイルス感染症が猛威を振るっている。ワクチン接種が進む高齢者の感染は減少傾向にある一方で、若者の感染率が急速に高まっている。新規感染者数のうち8割超がデルタ株(インド型変異株)になっており、若い世代のワクチン接種の遅れも懸念材料の一つだ。(沖縄支局・豊田 剛)

 沖縄県の直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数は9日現在247人で、195人の東京を上回り全国ワースト。全国平均の3倍以上で推移する。前週の同じ曜日の感染者を超えるのは9日で28日連続を記録した。県当局は「感染者はさらに増える」と危機感を示している。

 その影響で沖縄本島内の医療体制は逼迫(ひっぱく)している。県のコロナ対策本部によると、8日時点で受け入れ可能な新型コロナ重点医療機関の440床のほぼすべてが埋まっている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。