«
»

「自立自尊」を目指した仲井眞沖縄県政の8年間

「自立自尊」を目指した仲井眞沖縄県政の8年間

県政振り返る著書がベストセラー、仲井眞弘多氏に聞く

 2006年から2014年まで2期8年間、沖縄県知事を務めた仲井眞弘多氏の県政運営やその人生を振り返る本『自立自尊であれ』(OXメンバー著、幻冬舎ルネッサンス新書)がこのほど出版され、県内主要書店でベストセラーになるなど注目を集めている。普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を容認した背景や自立経済に懸ける思いなどについて、仲井眞氏に聞いた。(沖縄支局・豊田 剛)

 ――仲井眞県政の2期8年で経済が上向いた。本書では「国との健全な協力なくして『自立自尊』の沖縄の将来はないと危惧せざるを得ない」と述べている。

 知事就任時、求人倍率は全国で最も低く、失業率は最も高かった。立ち遅れた沖縄の経済をどう良くしていくかが課題だった。国内外に企業誘致した結果、東アジア有数の貨物ハブが実現した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ