«
»

オール沖縄が衰退、革新市政に“NO”を示す

オール沖縄が衰退、革新市政に“NO”を示す

那覇市議選で与党が議席減、自公、中道保守で過半数に

 任期満了に伴う那覇市議選(定数40)が11日投開票され、革新系の城間幹子市長を支える与党が議席を減らした。一方で、自公と保守系野党で過半数を確保し、年内に行われる総選挙、さらに、来年秋にも予定される市長選と県知事選に向けて弾みがついた。(沖縄支局・豊田 剛)

 革新政党・団体で構成する「オール沖縄」の城間幹子市長を支持する与党系は改選前から1人減らして14人に。そのうち、共産は2人減の5人、翁長雄志前知事が提唱した「オール沖縄」に同調した元保守系会派「にぬふぁぶし」は2人から1人に減った。

 一方、自民・公明の野党系は5人増の19人が当選した。自民の公認・推薦は前回7人から5人増え12人。野党系無所属を含めれば過半数に達する。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。