«
»

強まる中国の挑発、「領土領海を断固守り抜く」

強まる中国の挑発、「領土領海を断固守り抜く」

海上保安庁第11管区 一條正浩・海上保安本部長に聞く

 尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖で、中国海警船による領海・接続水域内の航行が常態化している。尖閣周辺で中国公船が確認されるのは8日時点で116日連続。同諸島が国有化された2012年9月以降、最長記録を更新し続けている。強まる中国の挑発にどう対応すればいいのか。海上保安庁第11管区の一條正浩海上保安本部長に、尖閣警備の現状などについて聞いた。(聞き手・豊田 剛)

 ――尖閣諸島海域における中国公船の動きはどうか。

 昨年は中国公船が333日間、尖閣諸島の接続水域内を航行したのが確認された。1年間の確認日数としては、尖閣諸島の国有化以来、最多だった。昨年10月には最長で57時間39分、領海内に滞在した。台風と時化(しけ)以外は常に尖閣諸島周辺を航行しているという認識だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ