«
»

沖縄県のコロナ新規感染者数、人口比で全国最多に

コロナが急拡大、清明祭を迎え歯止めがかからず

コロナが急拡大、清明祭を迎え歯止めがかからず

 新型コロナウイルス感染で、沖縄県の直近1週間の10万人当たりの新規感染者数は5日現在、宮城県を抜いて全国ワースト。累計でも1万人を超えた。沖縄県は親族がそろって墓参りをする清明祭のシーズンを迎えた。春休みと新年度で人の移動が多く、感染が落ち着く要因は少なく、玉城デニー知事は対応に苦慮している。(沖縄支局・豊田 剛)

 「3月以降、若者を中心とした感染の広がりが急拡大している。飲食店に時短営業の要請をしているので、その効果が出ればピークが見えてくると思うが、引き続き厳しい状況だと認識している」

 県の医療トップの糸数公(とおる)医療技監は3日、険しい表情でこう語った。

 4月に入り、新規感染者数が100人を超す日が続き、県内の直近1週間(3月27日~4月2日)の人口10万人当たりの新規感染者数が41・27人で、宮城県の39・82を抜いて全国ワーストになった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。