«
»

9月8日を「クバの日」に、条例制定を求める

9月8日を「クバの日」に、条例制定を求める

元沖縄県議会議長の西田氏が「球葉の緑化推進協会」を設立

 沖縄の神木とされるクバ(ヤシ科、和名ビロウ)の有用性や価値を見直すとともに、持続的発展する社会に取り組む運動が始動した。持続可能な開発目標(SGDs)に取り組むに当たり、適切な樹木として、今後、注目を集めそうだ。(沖縄支局・豊田 剛)

 約3万年前、日本人の祖先が丸木舟で台湾から与那国島に到着した。国立科学博物館のチームが2019年7月、その再現に挑み、成功した。その際、丸木舟の先端と船尾に使われていたのはクバの葉であることに、元沖縄県議会議長の西田健次郎氏が目を付けた。「クバは撥水(はっすい)性が高いため、飲み水、塩、食料などを水しぶきから守ることを数万年前の祖先は理解していたのだろう」と推測する。

 西田氏が設立した「球葉(くば)の緑化推進協会」は昨年7月、沖縄県が特定非営利活動(NPO)法人として認可した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。