«
»

沖縄への修学旅行が前年度比で6割も減少

沖縄への修学旅行が前年度比で6割も減少

下地OCVB会長「コロナ感染拡大による集団移動への不安が原因」

 沖縄県は全国的に人気がある修学旅行先だ。沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB、下地芳郎会長)は昨年12月23日、2020年度に沖縄を訪れる修学旅行は、前年度比で約6割少ない856校、16万1206人との見通しを明らかにした。年末から年始にかけて、国の観光支援策「Go To トラベル」が一時停止になり、沖縄を訪れる修学旅行生がより一層少なくなる可能性が高くなった。(沖縄支局・豊田 剛)

 OCVBは、10月以降、すでに実施した分と、年度内に残っている予約数の合計を計算した。コロナ前の予約数は2318校、41万6050人だったが、学校数で1462校(63・1%)、人数では25万4844人(61・3%)に減少する。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。