«
»

折り返し時期の玉城県政、任期後半はいばらの道

折り返し時期の玉城県政、任期後半はいばらの道

玉城知事、河野沖縄担当相・加藤官房長官らと会談

 玉城デニー知事が就任して2年が過ぎた。選挙戦では米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画について「新たな基地は造らせない」ことを最大の公約に掲げたが、埋め立て工事が着実に進んでいる。菅義偉新政権の発足を機に、移設断念への理解を迫りたいところだが、次期沖縄振興計画を見据えて、これ以上の政府との対立は避けたい思いが透けて見える。(沖縄支局・豊田 剛)

 4年間の任期の折り返し時期を迎え、玉城知事は菅新政権で沖縄と関係する河野太郎行政改革・沖縄担当相、岸信夫防衛相、茂木敏充外相、沖縄基地負担軽減担当相を兼務する加藤勝信官房長官らと相次いで会談した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。