«
»

2月に設立、相談数1万件超の「沖縄命の電話」

2月に設立、相談数1万件超の「沖縄命の電話」

自殺は沖縄県の深刻な社会問題、全国平均を上回る

 新型コロナウイルス感染拡大による失業や減給のため経済的に困窮し、生活に不安を抱えながら心理的に追い込まれている人が増えている。折しも今年2月、そんな行き場を失った人々を救うために設立された、一般社団法人「沖縄命(ぬち)の電話」(粟国彰代表理事)のきめ細かなケアでこれまで多くの人々が命を救われている。(沖縄支局・豊田 剛)

 厚生労働省の人口動態統計によると、沖縄県の自殺者数は1998年に300人を突破し、それ以来、毎年300人台で推移してきたが、2012年から200人台になり、緩やかな減少に転じている。ただ、人口比では全国平均を上回り、県は「自殺は本県にとっても深刻な社会問題のひとつ」と認識している。

 「沖縄命の電話」の発起人となったのは、那覇市首里の龍門寺の住職、比嘉門雄山(ひがじょうゆうざん)氏。那覇市議の粟国(あぐに)氏に呼び掛け、5年ほど前から無料電話相談の活動を続けてきた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。