«
»

菅義偉自民党新総裁は沖縄とどう向き合うか

菅義偉自民党新総裁は沖縄とどう向き合うか

基地負担軽減・振興で実績、年間3000億円の予算を確保

 自民党総裁選で菅義偉官房長官が勝利し、次期首相となる。沖縄振興や在沖米軍の統合再編計画は第2次安倍政権を踏襲することが確実だ。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古沖への移設が推し進められるが、政府と強硬に反対する沖縄県との溝をどれだけ埋めることができるのか、菅氏がどう向き合うか注目される。(沖縄支局・豊田 剛)

 自民党沖縄県連は、党員による予備選挙を実施し、持ち分の全3票を菅義偉官房長官に投じた。最も得票数の多かった候補者に3票全てを投じる「総取り」方式を採用したためだ。

 菅氏は沖縄との関係が最も深い政治家の一人だ。安倍晋三首相は2014年9月、改造内閣の目玉の一つとして、「沖縄基地負担軽減担当大臣」を新設し、菅官房長官に兼務させた。それから6年半の間、菅氏は担当大臣として頻繁に沖縄を訪問し、基地負担軽減に努めるとともに、年間3000億円台の沖縄関係予算を確保した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。