«
»

沖縄県民の健康・安全か、観光関連産業の振興か

沖縄県民の健康・安全か、観光関連産業の振興か

新型コロナウイルス感染者数が人口比で全国一の沖縄

 本来ならば年間を通じて最も観光客が多い夏休み。沖縄県は新型コロナウイルス感染拡大を受け、8月1日、2週間の緊急事態宣言を独自に出したが、その間も感染が拡大し、2週間延期した。県民の健康・安全と観光関連産業の振興を天秤(てんびん)にかけながら、玉城デニー知事は苦しい立場に立たされている。(沖縄支局・豊田 剛)

 沖縄県のコロナウイルス感染者数は7月下旬から徐々に増え、8月15日現在までの新規感染者は高水準で推移している。15日までの感染者数は1618人(在沖米軍を除く)。そのうち第2波と見なされる7月以降だけで1476人に達した。感染経路の不明は、調査中も含めて約半数に及ぶ。

 直近1週間(9~15日)の人口10万人当たりの感染者数を見ると、40・5人で、16日連続で全国最多となった。2番目に多い島根県(13・9人)、3番目の東京都(13・72人)の約3倍だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。