«
»

知事派敗れる、沖縄県議会議長選で赤嶺氏が選出

知事派敗れる、沖縄県議会議長選で赤嶺氏が選出

与党の結束の乱れが露呈、玉城知事は厳しい県政運営に

 6月7日に投開票された沖縄県議選後、初めてとなる県議会が6月30日、開会した。本会議の最初に行われた議長選挙で、与党でありながらも知事と一定の距離を置く「おきなわ」の赤嶺昇氏(53)が選出された。今後4年間、玉城デニー知事は厳しい県政運営を強いられることになる。(沖縄支局・豊田 剛)

 30日午前、県議会の議場が騒然とした。48人の議員全員が無記名で投票し、最年長議員として暫定的に議長席に座った玉城ノブ子議員(共産)が投票結果を読み上げた。

 「赤嶺昇さん26票、崎山嗣幸(しこう)さん22票。新しい議長には赤嶺昇さんが当選されました」

 自民党会派からはガッツポーズする議員が出た。革新系会派のある議員は手で×印を作り、顔をしかめた。

 野党の自民、公明と中立会派に推された赤嶺氏が、下馬評の高かった社民の崎山氏を逆転し、議長の座を勝ち取った。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。