«
»

石垣市議会、字名に「尖閣」明記を決定

石垣市議会、字名に「尖閣」明記を決定

中国の領海侵犯の動きが尖閣諸島の字名変更を後押し

 沖縄県石垣市の尖閣諸島周辺が緊迫している。中国海警局「海警」は5月8日に領海内で日本の漁船を追尾するなど、中国の領海侵犯の動きはエスカレートしている。こうした中、石垣市議会は尖閣諸島の字名に「尖閣」の2文字を入れることを賛成多数で決定した。(沖縄支局・豊田 剛)

 6月22日の石垣市議会6月定例会最終本会議は、多くのマスコミが取材する中、尖閣諸島の字名変更の議案をめぐり紛糾した。

 野党側からは、台湾や中国との関係悪化の懸念を理由に、「なぜ今のタイミングなのか」と疑問視する意見が相次いだ。宮良操議員(無会派)は「漁業者は波風を立ててもらいたくないと言っている」と主張。大濱明彦議員(無会派)は「市民の利益を考えるとデメリットが多い」と述べた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。