«
»

戦後75年の節目、岐路に立つ「慰霊の日」式典

戦後75年の節目、岐路に立つ「慰霊の日」式典

体験者・遺族が高齢化、コロナ禍も加わり規模を大幅縮小

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、6月23日「慰霊の日」の「沖縄戦全戦没者追悼式」は大幅に縮小されて開催される。戦後75年の節目だが、戦争体験者や遺族ら参列者の多くは高齢のため、各地で行われる慰霊祭は中止または規模縮小を余儀なくされている。(沖縄支局・豊田 剛)

 玉城デニー知事は12日の記者会見で、例年約5000人が参列する「沖縄戦全戦没者追悼式」の規模を大幅に縮小して、糸満市摩文仁の平和祈念公園広場で開催すると発表した。

 参列者は県知事、副知事、県議会議長、沖縄県遺族連合会会長、沖縄県傷痍軍人会代表、さらに、遺族会の各支部代表、県出身国会議員、市町村長、県議など計198人を予定している。今回は安倍晋三首相や衆参両院議長らは招待せず、自衛隊と米軍関係者も招かない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。