«
»

沖縄県議選、与党が辛うじて過半数を維持

沖縄県議選、与党が辛うじて過半数を維持

20議席から23議席へ野党が躍進、知事選へ弾みがつく

 任期満了に伴う沖縄県議選(定数48)は7日、投開票され、共産、社民両党など米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古キャンプ・シュワブ沖への移設に反対する玉城デニー知事の支持派が過半数を維持した。一方、自民が議席を伸ばし、2年後の知事選に向け勢いをつけた形だ。(沖縄支局・豊田 剛)

 コロナウイルス感染の影響が残る5月29日、各候補者は出陣式でソーシャルディスタンスを保ち、決起大会などの集会を極力避けるという異例の選挙戦となった。投票率は46・96%で、前回(53・31%)を大きく下回った。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。