«
»

沖縄県議会選挙が29日告示、来月7日投開票

沖縄県議会選挙が29日告示、来月7日投開票

首里城火災、豚熱、官製談合疑惑、北部基幹病院……

 沖縄県議会選挙が29日に告示され、6月7日に投開票される。2018年10月に就任した玉城デニー知事の中間評価という意味合いの選挙となる。目立った結果を残せず、失政を重ねた革新県政を自民など野党がどれだけ攻め切れるかが、結果を左右することになりそうだ。(沖縄支局・豊田 剛)

 沖縄県議会の定数48のうち、革新系与党は26人で過半数を占める。一方、野党は自公と元維新系を合わせて20。2議席は欠員だ。

 「県民の命や暮らしを守り抜き新型コロナウイルス対策に最優先で取り組みます」(自民)

 「コロナ危機 一丸となって乗り越えましょう」(共産)

 各党はコロナウイルス対策を主要政策に掲げ、県議選に臨んでいる。

 ある革新系の予定候補者は、「玉城デニー知事を支えて新型コロナウイルス危機をともに乗り越え、命と暮らしを守る政治を」と街宣車から訴えた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。