«
»

海兵隊、米海軍と洋上での初のサイバー防御訓練

海兵隊、米海軍と洋上での初のサイバー防御訓練

サイバー空間や電磁波の領域で強化する在沖米軍

 沖縄を拠点とする米海兵隊、第3海兵遠征軍(3MEF)傘下の第31海兵遠征部隊(金武町)は今年4月上旬、初めて洋上でサイバー防御訓練を行い、米海軍との連携も確認した。米国は、サイバー空間や電磁波の領域で、21世紀に新たな覇権争いが起こると見て、体制を強化している。中国と対峙(たいじ)する在沖海兵隊のサイバー防御能力の向上は、日本の安全保障にとっても極めて重要だ。(沖縄支局・豊田 剛)

 新型コロナウイルス感染の世界的な拡大により、米軍は数多くの演習の中止または延期を余儀なくされているが、そのようなさなかに在沖海兵隊が南シナ海でサイバー防御訓練を行った。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。