«
»

沖縄県が20日に県独自の「緊急事態宣言」を発令

沖縄県が20日に県独自の「緊急事態宣言」を発令

感染者120人超死者3人、県の対応遅れに市町村が不満

 新型コロナウイルス感染の県内拡大を受け、沖縄県は20日、県独自の緊急事態宣言を出し、政府に「特定警戒都道府県」に位置付けるよう要請した。感染者数は120人を超え、19日までに3人が死亡した。大型連休を控え、県外からの感染拡大が懸念されている。(沖縄支局・豊田 剛)

 「沖縄県内での今後の感染拡大を抑えるためには、この1~2週間が大変重要な時期です。『おうちにいよう!家で過ごそうステイ・ホーム!』を合い言葉に、不要不急の外出を自粛して下さい。今は、人に会うことを控えていただくことが大事です」

 16日、県内で初の死者が出たことを受け、記者会見を開いた玉城デニー知事はこう呼び掛けた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。