«
»

6月に沖縄県議選、保守中道で過半数になるか?

6月に沖縄県議選、保守中道で過半数になるか?

新型コロナで票読み難しく、集会の中止や延期が相次ぐ

 任期満了に伴う県議選(6月7日投開票)まで2カ月を切った。48人の定員に対し、これまでに現職、前・元職、新人合わせて68人が出馬に向けて準備を進めている。革新系の玉城デニー県政にとって、中間評価の位置付けとなる。12年ぶりに保守・中道が過半数を奪還できるかが焦点となる。(沖縄支局・豊田 剛)

 3月27日に県議会2月定例会が終了し、通常ならば選挙戦に本格的に突入するところだが、今年は事情が違う。新型コロナウイルスの感染防止のため、事務所開きや支援者集会の中止や延期が相次いでいる。4月6日現在、感染の心配からいまだに事務所開きを行えずにいる立候補予定者もいる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。