«
»

那覇空港の第2滑走路、来月26日供用を開始

那覇空港の第2滑走路、来月26日供用を開始

那覇でシンポを開催、アクセス難や軍民共用などが課題

 那覇空港の第2滑走路が3月26日、供用開始される。これを前に、「沖縄を更に発展させる世界最高水準の国際リゾート・ビジネス空港」と題したシンポジウムがこのほど、那覇市で開催された。世界で最高の水準のリゾート地にふさわしい空港を目指すに当たり、ターミナル整備やアクセスの向上など、取り組むべき課題は多いことが浮き彫りになった。(沖縄支局・豊田 剛)

 那覇空港の第2滑走路の造成工事は14年1月に始まり、約6年の歳月をかけて3月26日の供用開始にこぎつけた。現在の滑走路から約1300㍍離れた沖合を約160㌶埋め立て、全長2700㍍の滑走路を造り上げた。総事業費は約2074億円だ。

 那覇空港は、現在の滑走路1本で安定的に運用できる発着回数を13万5千回としている。18年度の発着回数はこれを大きく上回る16万4千回で、許容量を大幅に超えた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。