«
»

豚コレラ感染、防疫作業で自衛隊の献身的な活躍

豚コレラ感染、防疫作業で自衛隊の献身的な活躍

13日間延べ6500人が出動、殺処分に涙する隊員も

 沖縄県うるま市の養豚場で豚コレラ(CSF)の感染が1月8日までに明らかになり、隣の沖縄市を含めて七つの養豚場で感染拡大したが、20日にはいったん収束した。その背景には自衛隊員の涙ながらの献身的な活動があった。(沖縄支局・豊田 剛)

 沖縄県での豚コレラ発生確認は、1986年10月以来、33年ぶりだ。沖縄県は8日、1例目の豚コレラ発症が確認されたことを受け、陸上自衛隊第15旅団(那覇市)に災害派遣部隊の支援要請を行った。豚コレラをめぐり、玉城デニー知事に対してはワクチン接種の是非など、対応や判断の遅さが批判されているが、自衛隊への要請は大方の予想と違って早かった。

 自衛隊が行った任務は殺処分と消毒の防疫作業。8日から13日間で延べ6500人が出動。約65台の車両を現地派遣した。また幹部職員4人が県庁に派遣され、指揮に当たった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。