«
»

今後の沖縄県政占う県議選、6月に投開票

沖縄県議選、保守・中道と革新が過半数の攻防

保守・中道と革新が過半数の攻防

 2020年は沖縄県政の今後を占う年になる。6月に投開票される予定の県議選まで半年を切った。中道保守が過半数を12年ぶりに獲得できるかが焦点となる。結果次第では、普天間飛行場(宜野湾市)の移設をはじめとした基地問題や21年度に期限を迎える沖縄振興特別措置法など、県政の諸政策に影響を及ぼす。(沖縄支局・豊田 剛)

 県議会は現在、定数48のうち、欠員が出ている2議席を除くと、知事を支える革新系与党が26人、野党は自民が14人、中立の公明が4人、旧維新系が2人だ。

 12年間、県議会少数派に甘んじた自民党は2期8年間知事を務めた仲井真弘多(ひろかず)元知事を最高顧問に据え、保守中道による過半数奪還に並々ならぬ決意を示している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。