«
»

首里城地下32軍司令部壕の保存・公開をめぐって議論

32軍司令部壕の保存・公開をめぐって議論

沖縄戦で首里城地下に設ける、県は安全面から否定的

 昨年10月31日、首里城(沖縄県那覇市)の正殿などの主要施設が焼失した。沖縄県のシンボルを失った衝撃は大きく、2020年は、火災の検証・再発防止策だけでなく、再建計画をどうするかが問われる。こうした中、沖縄戦で首里城の地下に存在した第32軍司令部壕(ごう)の保存・公開のあり方をめぐっても議論されている。(沖縄支局・豊田 剛)

 玉城デニー知事は6日、年頭あいさつで「一日も早い首里城の復元、歴史文化の復興復旧に取り組む」と抱負を述べた。ただ、完全な修復・再建まで少なくとも10年は要するという見方が有力だ。

 こうした中、首里城公園は、観光客を呼び戻そうと、見学エリアを少しずつ開放している。火災後しばらく城郭内に立ち入りできなかったが、現在は焼失した正殿の目の前まで近づくことができる。政府は、復興の過程を一般公開しながら、開放エリアを順次拡大し、再建の様子を見学できるよう計画している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。