«
»

沖縄県浦添市で深夜の子連れ飲食の制限

深夜の子連れ飲食の制限について議論が白熱

松本市長ら提案の条例制定で意見分かれる

 沖縄県浦添市が検討する深夜の子連れ飲食の制限についての議論が白熱している。松本哲治市長を中心に教育や福祉、飲食に関わる関係者らが11月26日、その是非について意見を交換した。「子供たちのため」という前提では一致したものの、市長が提案する条例制定では意見が分かれた。(沖縄支局・豊田 剛)

 未成年の子供同伴で夜遅い時間帯に居酒屋に行く。大人が酒に酔っている間は、子供たちは隣で寝ているか、キッズルームで遊ぶ――。

 沖縄では当たり前の光景だが、このままでいいのか。遅い時間帯の子連れ飲食制限の条例化は松本市長が2017年、2期目に当選した際の公約の一つ。18年度には市民意識調査を実施し、95%が子連れの深夜飲食に否定的で90%が条例制定に「よい印象を持つ」と回答した。これを踏まえ、市内のPTAや自治会、事業者らが議論を重ねてきた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。