«
»

親子の関係に通じるモルモットの飼育

親子の関係に通じるモルモットの飼育

東京大学弥生講堂で、全国学校飼育動物研究会21回大会

元横浜国立大学附属鎌倉小学校の教諭と卒業生

 動物飼育を通して、子供の情操教育を目指す全国学校飼育動物研究会の21回目の大会が東京都文京区の東京大学弥生講堂で行われた。口頭発表で元横浜国立大学附属鎌倉小学校教諭の加藤直子氏(現平塚市立崇善小学校教諭)は「子どもと親が実感した継続飼育の学び」と題してモルモットの学校飼育とその死を通して、児童たちが何を感じ、成長してきたかについて、卒業生たちと共に語った。

 平成24年に入学した児童たちがモルモットの「マシュ」(4年生時に死ぬ)、「チョコ」(6年生時に死ぬ)を卒業までの6年間飼育した。飼育を通して動物への愛着を深めたかった。児童たちが「だっこがもっと上手になりたい」という思いを持った時に保護者に「どんな思いで自分をだっこしていたか」という手紙を書いてもらった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。