«
»

沖縄県浦添市、深夜の子連れ飲食に制限を検討

沖縄県浦添市、深夜の子連れ飲食に制限を検討

「キッズファーストで」と松本哲治市長、条例案を模索

 沖縄県浦添市は、深夜の子連れ飲食を制限する条例を検討している。松本哲治市長は、子供たちをどのように守り、健全育成していくか、世論喚起を図る狙いがあり、おおむね市民の支持を得ている。(沖縄支局・豊田 剛)

 「居酒屋に子供たちを連れていかない運動を励行しよう」

 浦添市はこのほど、青少年健全育成の決起大会を開催し、このスローガンを掲げ、子育て環境の正常化を訴えた。このほか、「親子の対話を深め、楽しい家庭作りに努めよう」「夜間外出をなくし、青少年を非行から守ろう」「地域の子どもたちは地域で育てよう」と呼び掛け、正常な子育て環境を守ることに主眼が置かれた大会となった。

 沖縄県では以前から、保護者が子供を連れて居酒屋に出掛けることが“悪習”となっており、“あしき沖縄の文化”に歯止めをかけようと、松本市長が“悪習改善”を提起している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。