«
»

玉城デニー知事、受注業者と癒着疑惑で窮地に

玉城デニー知事、受注業者と癒着疑惑で窮地に

契約前夜の会食が明らかに、知事選慰労で事業委託か

 沖縄県知事就任から今月4日で1年を迎えた玉城デニー知事が、窮地に立たされている。県発注事業をめぐる癒着疑惑が明るみに出たからだ。野党自民党は議会で疑惑を徹底追及。与党の共産党や社民党などでつくる「オール沖縄」からも玉城氏に反省を求める声が上がり、県庁内部には危機感が募っている。(沖縄支局・豊田 剛)

 玉城知事が、自ら設置した有識者会議の支援業務を受注した団体の関係者と契約前夜に会食していたことが9月30日、県議会の一般質問で明らかになった。野党の自民党は、この会食が県職員倫理規定に違反する疑いや、関係者が知事の政治活動の支援者であることを問題視した。

 県は同会議を開催するに当たり、会場設営、資料作成、委員の日程調整などを担う業務の公募を4月12日に開始した。説明会には6社が参加し、5月10日に締め切ったが、応札があったのは1社だけ。提案上限額ちょうどの2407万7千円での入札だった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。