«
»

宜野湾市議会、定例会議で辺野古移設促進を可決

宜野湾市議会、定例会議で辺野古移設促進を可決

普天間返還日米合意から23年、初の「辺野古」盛り込み

 宜野湾市議会(上地安之議長、定数26)は9月27日の9月定例会最終本会議で、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設促進を求める意見書を賛成多数で可決した。同議会はこれまで、普天間飛行場の早期返還を求める決議や意見書を可決してきたが、辺野古への移設促進を明記したのは初めてだ。(沖縄支局・豊田 剛)

 27日の宜野湾市議会は、始まる午前10時には約50人分の傍聴席が満席となり、市民の高い関心をうかがわせた。与野党議員が辺野古移設の賛成と反対の立場からそれぞれ発言すると、傍聴席からは拍手ややじが入り混じった。

 自民党系の辺野古移設を求める与党案は賛成14、反対8で可決した。公明会派の3人は退場した。普天間飛行場の返還が盛り込まれた1996年の日米特別行動委員会(SACO)の最終報告以来、宜野湾市議会が移設先として「辺野古」と明記した意見書を可決したのは初めて。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。