«
»

在沖米海兵隊の第4戦闘兵站大隊の走行訓練

自然災害と人道支援に即座に対応できるよう

 米海兵隊の作戦で欠かせないのが前線の部隊のために軍需品や食糧を供給し、後方連絡線の確保などを任務とする兵站(へいたん)部門だ。記者(豊田)はこのほど、在沖米海兵隊の第3海兵兵站群の第4戦闘兵站大隊の訓練を取材。緊張しながらも真剣に取り組む米兵たちと接した。(沖縄支局・豊田 剛)

水たまり、急勾配、極細道……
超難関を走破する高機動車ハンヴィー

 普天間飛行場(宜野湾市)の移設先である名護市辺野古のキャンプ・シュワブ。平日の5月23日はゲート前に十数人の反基地活動家が集い、「違法工事 中止せよ!」と書かれたプラカードを掲げて米軍や工事関係の車両を妨害した。米軍敷地内に入り、国道329号より西側の山岳・森林地帯のシュワブ訓練地区に向かった。

在沖米海兵隊の第4戦闘兵站大隊の走行訓練

冠水したくぼみを通過するハンヴィー=5月23日、沖縄県名護市のキャンプ・シュワブ訓練地区

 第4戦闘兵站大隊はキャンプ・フォスター(北中城村など)に本部を置く。輸送、物資供給、メンテナンス、エンジニアリングなどが主な任務。第3海兵遠征軍(うるま市キャンプ・コートニー)隷下の第4海兵連隊(キャンプ・シュワブ)の兵站を担当する。

 この日、マスコミに公開されたのは、戦術車両の上級車両走行訓練だ。戦闘や災害支援の際、車両の走行が難しい場所で必要な物資を迅速に届けることをシミュレーションしている。使用するのは、戦場でさまざまな任務に対応する高機動車ハンヴィーだ。屈強なボディーで困難な環境でも走行できるのが特徴である。

在沖米海兵隊の第4戦闘兵站大隊の走行訓練

車両に乗車するに当たり、報道陣もヘルメットとボディアーマーの着用を義務付けられた

 報道陣も海兵隊員と同様に防弾チョッキ(ボディアーマー)を着用した。隊員は「10㌔もあるけど大丈夫か」と笑って話した。カメラマンの男性は、すぐに息を切らしていた。

 さて、4人乗りのハンヴィーの後方座席に座った。上級曹長が助手席に座る中、右側の運転手席の隊員が緊張した面持ちでハンドルを握る。訓練用のコースは約15分間を要するもので、幾つかの難関をクリアしなければならない。

 一つ目は、両面を壁に囲まれた狭い道をぶつからずに走行できるかどうかだ。急カーブでサイドボディが壁に当たった。曹長が「右後方をもっとよく見て、少しバックしろ」と厳しい口調で命令。隊員はハンドルを切り返しながらどうにか通過した。

 次に見えてくるのが急勾配の坂だ。坂道を勢いよく上り下り。問題なく通過すると曹長は「その調子だ」と激励した。

在沖米海兵隊の第4戦闘兵站大隊の走行訓練

樹木に囲まれた細い道の通過を試みるも、断念してバックした

 続いて、冠水したくぼみの横断だ。沼や川を渡ることを想定している。大きな水しぶきがあがり、車内には水が入り込む。シートベルトをしていても衝撃を抑えきれないほどだった。

 最後は、草木に覆われた極めて狭い道を通過する訓練。運転手は突破を試みるも、大木に阻まれ通過できず、バックし、どうにかしてゴール地点にたどり着いた。

 第4戦闘兵站大隊の司令、ダナ・ディーマー中佐は、「この訓練はいかなる戦況や自然災害にも役立つもので、私自身2013年にフィリピンを襲った台風・洪水の救援作戦にも駆け付けた」と説明した。

在沖米海兵隊の第4戦闘兵站大隊の走行訓練

第4戦闘兵站大隊司令のダナ・ディーマー中佐

 同大隊は、2009年、対テロ戦争でイラクに派遣された。11年3月11日の東日本大震災で、物資を被災者に届け、基本インフラを回復させるための後方支援システムの確立にも貢献した。

 「アジア太平洋地域で頻発する自然災害に対応するために海兵隊が沖縄に駐留することは極めて重要だ」とディーマー中佐は強調、即座に自然災害と人道支援に対応できるよう訓練していると話した。

 定期的に陸上自衛隊との合同訓練をしており、タイ、フィリピン、韓国などと多国籍訓練も多くこなしており、来年は北海道で合同の兵站訓練を実施することを明らかにした。

 報道陣をエスコートしたトリー・シャープ少尉は、「日頃、海兵隊がどんな訓練をしているか分かってもらえれば」と報道公開した動機を明らかにした上で、「公道を使って訓練もするが、沖縄県民に負担がないようできる限りの配慮をしていることを理解してほしい」と安全性を強調した。


= メ   モ =

第3海兵兵站群

 浦添市のキャンプ・キンザーに司令部を置く第3海兵遠征軍の兵站部隊。迅速かつ任務に適した兵站支援を提供する任務を担う。部隊は沖縄、ハワイ、日本本州に点在し、約6800人の隊員からなる。兵站、整備、土木工事、医療、歯科治療などを行う六つの大隊で構成されており、人道支援や災害援助活動支援も積極的に行っている。

3

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。